プラハの春2019
2019年4月10日 水曜日

先日4月6日、友人に誘われてペトシーンの丘のふもとにお花見に出かけました。

今年プラハの開花は例年より2週間以上も早くほぼ東京と同じ時期になりました。
いかにチェコが年々暖かくなってきてるかを感じます。最近気がつくとプラハの変わっていくスピードについていけず、昔を思い出しノスタルジックな記事を書いてばかりな気もしますが、この日も街中の観光客との喧騒を避けて、こののどかな風景をまた今年も楽しめたこと、なんだかほっとしました。

背景のリンゴの木や桜の木は違っても、多分何十年前もいや百年前も、きっと同じようなのどかな自然の中に全く変わらないプラハ城が見えていたはずです。

プラハはここ数年ガイドブックを出版した私でさえ、新しいお店やビルなどを全く把握できないくらいのすごいスピードで変わっていっています。国外からの資本が大量に流れ込み、街中の商業ビルや住居ビルがロシアやイタリア、中国などの投資家の手に渡っています。私たちもその波で今回2月に引っ越しを余儀なくされました。

バーボフカや私のガイドブックにてチェコとプラハの素晴らしさ、面白さ、美しさ…いろいろな側面から紹介してきましたが、ここ7、8年観光客の数は例年増え続けそれによって街も大きく変わりました。たくさんの魅力的なカフェ、また高級なブティック、またホテル、ホステル、ペンション、Air bnb、街は賑わいを加速させていますが、暮らしている地元民にとっては小さな商店や個人営業のお店が減り、また住居用のアパートが不足する社会問題も発生し、不動産や賃貸の値段が高騰するバブルを迎え、便利とは言えない事態も発生しているという側面もあります。

私も外国人の一人。永住権をもらいチェコ人と同じ保険や税金を払って生活していますが、自国民としてのチェコ人(特に低賃金の家庭)の暮らしが窮屈になってきていることがとても気になります。

まさに時代の波。これからもきっとこの速度はしばらく続くそんな感じがしますが、それが一旦収まったときにチェコは予想もつかないところに流されているような予感を抱えています。

この日のコットンブルーの空の下、少なくともこの景色は10年後も20年後も変わらないことを祈っています。

チェコと日本の二つの国籍を持つ息子は15ヶ月になりました。

89IMG_6473

2019年3月24日 日曜日

大変久しぶりの投稿になります。最近さりげなくまたページを再開しています。

お待ち頂いたお客様、またウェブを見てくださっているお客様に心よりお礼申し上げます。

今回は初心に戻ってビールの話。
私ごとですが、出産や引っ越しなど色々な出来事が重なり人生に大きな変化があった2年間でした。
未だに授乳中ですので、大のアルコール好きだった私の禁酒生活もすでに2年以上、たまにからっといっぱいという気分になるとチェコのノンアルコールビールを飲んだりします。
チェコのノンアルコールビールはそれぞれのメーカーが誇りをかけて製造しているようで、正直日本のノンアルコールビールとは比べ物にならないくらいの美味しさと思います。

先日、家族みんなでひいた風邪の病み上がりのあと、不意にステーキ(がっつり肉)が食べたくなり、息子を寝かしつけたあと旦那に了承を得て隣のちょっと高級レストランにステーキを食べに行きました。

普段は授乳や息子の離乳食のことでいつも頭がいっぱいの私、食事、特に味付けには割と気を使っていますが、この日はなぜがしっかりと塩っからいステーキの美味しかったこと!

(お肉は2500円する牛のテンダーロイン200g)

というのもズバリ、ビールのせいです。チェコの料理はしばしばビールの消費を考慮に入れて、ガブガブビールを飲みながら、ガツガツ食べてくださいっていう風に調理されている場合が多々。
かなりの勢いでお店の狙い通りガツガツと食が進みます。
(ご飯がサーブされる前にビールが美味しくて半分ほど飲んでしまった私・・・。)

こちらのノンアルコールビールはチェコの老舗ビールメーカーロブコビツのもの。

untitled-1795

余談ですが、ここ数年チェコの住みやすさ・満足度も急上昇を反映し、美味しいものが食べれるちょっと高めの飲食店が軒並みオープンしチェコの豊かさが思い知らされる機会が多いものです。
その度に昔のチェコのそれなりの貧しさ(15年前のチェコまでしか知りませんが。)や素朴さなど感慨深く懐かしく思い出します。

お肉とビールの話に戻ると・・・。

お肉があと数口までのところでビールを飲みほしてしまい、その途端大変な喉の渇きが襲ってきました。いつもならためらわず、もういっぱい、大きいやつ!といくところですが、寝ているとはいえ息子をおいて出てきたし、すでに居酒屋や夜の出歩きすら忘れてしまった勘があり、慣れないことをしているだけで、なんだか急にそわそわ気分。

でビールなしにお肉を食べ終えてささっと帰ることにした途端、ひしひしと思い出しました。
チェコ料理と豪快にあおるビールの意味。まさにこれがチェコの味、チェコの道。

ビールがないと、塩辛いステーキが急に辛く重たくなります。
そんな感じで数年ぶりに懐かしく嬉しく楽しく飲んだ居酒屋のチェコ(ノンアルコール)ビール。
また卒乳後からビールやワインを飲む日が待ち遠しく感じられた1日でした。

ちなみにこちらのレストランはSOU100というレストラン。
https://www.sou100zizkov.cz/cs/
地元の人にも評判のチェコ料理の美味しいお店です。
ウェブの巻頭ページ写真が料理のコンセプトをまさに語っています。笑

 

 

最近ご近所の日本人夫妻に誘って頂き、プラハから車で小一時間のところにあるコステレツ・ナド・チェルニーミ・レシ(黒い森の上のコステレツという意味)という街に、エヴァ・シュヴァンクマイエヴァーの絵画展示を鑑賞に行って参りました。

チェコの小さな街にはほぼ全て、広場、その中央に教会という感じ作りになっています。教会をぐるりと囲むように通りと街でもいちばん古い時代の家々が連なっていると言うのが、いわゆるチェコの正しい風景。

こちらのコステレツ・ナド・チェルニーミ・レシもそんな正しいチェコの街。

この写真はその街のギャラリーからの眺めです。ずばり、のどか。m-3232

小さな街なので大きなギャラリーではありませんが、入るとエヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーの大きな絵が堂々と展示されていてかなりの見応えです。

エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーは、世界的に知られ日本にもファンの多いヤン・シュヴァンクマイエルの奥様。シュールレアリズムの旗手としてチェコでは知られる画家ですが、世界的には旦那様のシュヴァンクマイエルに比べるとまだまだ知名度はありません。m-3220

 

m-3228

こちらが彼女の作品。今回私は子連れで連れて行って頂きましたが、赤ちゃんお出かけの装備重過ぎのため、撮影用のカメラではなく携帯での撮影ですので、画像が余り良くありません。

顏の半分がフクロウの女性、また突如現れるフォントのオブジェ・・・。想像をかき立てられる不思議な絵・・・。実はこの絵画自体が謎掛けになっていて、フォントやモチーフを読み解くと、彼女のメッセージを受け取る事が出来るなぞなぞ的なイラストになっています。

(ちなみに、謎掛けの答が絵の下に逆さまの文字で書かれています。)

色使いや、それぞれのモチーフの描写、不思議な中にもユーモアやポップなセンスが満載で、コンテンポラリーのコンセプト・アートに疲れた私の頭の中ではワクワクと「ほっとする」感が湧いてきます。

 

m-3229

手の表情、横顔の男の人の表情、ひとつひとつに見入ってしまいます。

 

m-3233

(子連れで車で連れて行ってもらい、普段は遠くに出かけられないので、息子共々とてもいい息抜きになりました。)

m-3234

エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーもまた例に漏れず、共産主義時代に国家から展示を禁止されていた1人。そしてこの絵はそんな背景に影響されたか分かりませんが、真ん中に大きく割かれたナイフの傷が、大きく口を開けています。展示の際に心ない誰かに傷をつけられた絵画なんだそう。

でも、本人がその傷を気に入って傷をそのままに作品として展示を続けたという話を聞きました。傷が思いもよらず作品に物々しい雰囲気を添えて、全体の絵にインパクトがあります。 m-3236

こちらはえにそれぞれモデルがいるのかしら、また想像がかき立てられる印象的なポートレイトの絵画。

m-3237

こちらも謎掛けのシリーズから。なんでしょう、シュヴァンクマイエロヴァーが好きだから、チェコらしいと感じてしまうのか、彼女の絵にチェコの風景などを連想させる要素があるのか、とてもチェコだなーと感じる一枚でした。チェコは非現実が普通に存在していそうなそんな世界がどこかに合います。

とにかくモバイルでの撮影ですので、本当に画像が悪くて残念。

お詫びにこの展示の二つ折りになっている小さなカタログを2名様に先着でさし上げます。

こちらのブログでは見られない絵も掲載されています。

ご希望の方はご注文のコメント欄にシュヴァンクマイエロヴァーのカタログと記載して下さい。2枚しかありませんので、7月いっぱいまでとさせて頂きます。

展示の情報はこちらをクリックして下さい。(チェコ語)展示は9月2日までだそうです。

ヨゼフ・クーデルカ 写真展
2018年3月26日 月曜日

今日は私の大好きな写真家ヨゼフ・クーデルカの写真展オープニングパーティーに行ってきました。かつて私がチェコ留学を決めたのも、チェコがクーデルカの国だから。でもチェコに到着してから、クーデルカはとっくに亡命してフランスに住んでいるって知ったんだっけな・・・。

L1420519

こちらの写真展はプラハの工業美術大学内美術館にて2018年の9月中旬まで開催されています。300点以上の作品、しかもその多くがヴィンテージ・プリントという写真好きには嬉しい内容で、ボリューム満点です。私の好きなシアターシリーズがヴィンテージプリントで見れてとても感激しました。L1420529

マグナムの会員写真家であることでも知られるクーデルカ。チェコスロバキア・プラハの春1968年の革命の写真をニューヨークのLIFE誌に送っていた頃の新聞や、旅行で使った地図、またベタ焼きなんかもファンには垂涎の展示がたくさんありました。

L1420542

私は出産後は初めて息子を預けて3時間だけの外出ということで、早足でパーティに間に合いました。「たまには外出で子育ての息抜き」なんて思っていましたが、外出までの準備やその後の仕事や家事の倍増で、次からは赤ちゃんを預けての外出はしばらくやめようと思いました。笑

L1420587

10年ぐらい前この距離でクーデルカの写真を撮って、「パパラッチ!」と怒鳴られシャンパンをかけてカメラを壊される武勇伝を持つ私ですが、私も写真家の端くれ、やっぱりまた写真を撮ってハッスルしてしまいました。

この記事の写真は全て友人のダニエル・シュペルルさんが撮影してくれました。

HPはこちら。ダニエル・シュペルルの写真HP

ヨゼフ・クーデルカ写真展 ウンプルム(プラハ工業美術)美術館にて。

ウンプルム美術館のHP

 

 

チェコのお母さんのスープ
2018年1月18日 木曜日

今日はチェコのお母さんに習ったチェコの野菜スープの作り方を紹介します。野菜の栄養分がたっぷりの体の温まるこのスープは冬の定番メニューです。下のお野菜はスープの基本材料。

人参、たまねぎ、根セロリ、根パセリ、じゃがいも、ねぎ。
(根セロリは大きもだと1/4、小さいもだと1/2で十分。)
根セロリは日本ではなじみの薄いお野菜でしょうか。私のチェコに来て初めて使ってみました。
他、コールラビ、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツなど家にある他野菜も好みで入れます。

vegi soup-7690

まずはたまねぎ粗い千切りをきつね色になるまでしっかり炒めます。下の写真よりも実際にはもっと色が濃くなるまで炒めて下さい。

vegi soup-7692

あと、すりろした人参と根パセリを加えよく炒める。油はかなり使います。
炒める過程でバターを足してもいいです。

vegi soup-7695vegi soup-7698

背骨部分(一匹買った時に取っていたも。)をダシに使います。
ない場合は固形スープ素で代用。

vegi soup-7701

 

根セロリ葉っぱは少々ダシに使います。根部分は短冊形に切ってく。
野菜はこんな感じ。

vegi soup-7700 vegi soup-7699

 

水、先ほど炒めたたまねぎと人参&根パセリ、鳥背骨部分とセロリ葉を入れ、沸騰させて15分くらいコトコト煮ます。以下ような色になります。vegi soup-7704

沸騰してしばらくしたら、月桂樹葉、キャラウェイ、マジョラム、オールスパイスを。
また用意していた野菜を入れます。塩は味を見ながらですが結構多め、胡椒も少々。

vegi soup-7703

仕上げ前にニンニクひとかけ(みじん切り)ネギ千切りを加え、塩、レモン少々で味を整えて出来上がり。
(ダシに使った鶏肉を取り出し、白身肉を取り、スープに戻してもほかは捨てます。)
パセリが手元にありませんでしたが、パセリみじん切りを散らしてください。
日本の皆さんにもぜひ試してみてほしい、チェコのお母さんの味です。

vegi soup-7706