今日はヨーロッパカリグラフィーのコースに行ってきました。

こちらのコースは最近知り合いになったカリグラフィーの第一人者ミーラ・プロクポヴァーさんの教えてくれるコースです。ロマネスク時代の文字からゴシック、バロック・・・彼女の手にかかれば、サラサラ流れるように文字が生まれてくる、彼女はそんなカリグラフィーの達人。今日はそんな方に文字お教えていただける、私にとっては夢のような休日です。IMG_2151

参加応募のすぐにいっぱいになったそうで、年代も性別も様々な参加者が来ていました。

IMG_2169

文字の歴史の授業も大変興味深い内容。こちらは黒文字と呼ばれるゴシックのABC。

IMG_2161

下はミーラさんがカレンダーを製作した時に書いたゴシックの飾り文字。美しさとともにその長年の匠の技に見とれてしまいます。

IMG_2160

ミーラさんと一緒に、私たちもモノグラムに挑戦することに。自分のイニシャルの大文字をどのようにバランスよく、しかも美しく重ねるかが一番大事。

IMG_2166

ミーラさんのスラスラ書いた見本を見入る生徒たち。

IMG_2162

書けば書くほど迷宮入り・・・。ミーラさんのように美しい字を書けるようになるには、やはり長年の鍛錬が必要だと痛感しました。とりあえず次からは中級者に昇格ということで、初級者の卒業証書をいただきました。目の前で私の名前を書いてくださるミーラさん。滑らかな筆さばきに息を呑みます。

IMG_2177

「チェコ人の黄金の手」という言葉がありますが、チェコにもまだ手作業を尊ぶ習慣がしっかりと根付いています。ミーラさんも「これからまたハンドライトが戻ってくるわよ。」とおっしゃっていました。

本場ヨーロッパのカリグラフィー体験。次の中級コースのレポートも乞うご期待!

実はここ数年、ガラライトと呼ばれる素材(日本ではカゼイン樹脂と呼ばれています。)に夢中になっています。カゼイン樹脂というのは、牛乳のタンパク質から作られるプラスチックのこと。

もともと2012年ごろ手に入れたガラライトと呼ばれるプラスチックのブローチに出会い、そこからそのカゼイン樹脂への興味が湧きました。それまではプラスチックはプラスチックという認識しかありませんでしたが、ベークライトを含め様々な種類のプラスチックが存在することを知り、特にミルク・プラスチックなんていう言葉が、私の興味をとてもそそります。

調べてみると、ガラライトのボタンはイタリアやオランダ、もちろんチェコなどヨーロッパ中で作られていたようですが、現代はチェコを含め、もうほとんど作られていないそうです。(日本ではまだ群馬県などにカゼイン樹脂のボタンを作っている工場があるようです。)

日本でも一部のボタンファンの間で人気のあるカゼインボタンですが、私のチェコ・ガラライト・ボタン・コレクションも時間をかけて少しずつ増えていきました。

なんといっても、ガラライトの表示がないと見分け方が難しいガラライト、熱湯に浸した時の柔らかい質感や匂いなど、今までに調べた方法や知識で随分見分けがつくようになりました。そして、出会ったのが現在でもボタンを製造しているチェコの大手ボタンメーカー、スティルという会社。

ひょんなことから手に入れた古いボタンカードにガラライトの表示と会社名STYL・・・さっそくコンタクトをとってみることに。STYLは工場のある地域でボタンを作り始めて今年117年、工場設立67年のとても古いチェコのボタンメーカー。

数回のやり取りを経てプラハでお会いできることに! 工場は車で2時間かかるチェスケー・ブデェヨヴィツェにほど近い場所にありますが、プラハ出張でいらっしゃっていた社長さんと従業員の綺麗なチェコ人の女性に貴重なお話を聞くことができました。彼女はボタンのデザインも手がけているということ。

b-5389写真は社長さんとガラスのデザインも手がける女性従業員。ちなみに素敵な会合場所はプラハの老舗カフェ・ルーブル。

なんと今回数枚のガラライトのボタン見本票もお土産にいただけるということ。

社長さんは1982年からこのボタン工場に勤務されている古株ですが、就職した時にはすでにガラライトのボタンが作られなくなって長い年月が経っていたと言います。b-5384

こちらがガラライトのボタン見本。ボタンもそれぞれ個性的ですが、見本票自体のデザインやフォント、手書きの文字や、会社印など一つ一つ丁寧に作られていることがわかる、素晴らしいデザインでした。あー、これこれ、この質感・・・。私が熱湯を通す匂いでのガラライトの見極め方や質感など熱く語ると、びっくりした表情で面白そうに聞いてくださいました。

美しいボタンの見本票にしばしうっとり・・・。その後私の持って行った彼らの会社名が入った古いボタンカードを差し上げたのですが、彼らは彼らでその古さとボタンの美しさに大変驚いていました。「こんな古いものをどこで手に入れたのですか!?」と聞かれましたが、それはバーボフカ店長ですので、欲しいのもは探しますよーww。そのカードは会社名から50年代のものだろうとおっしゃっていました。

原料が手に入らなくなってきたこと、また現在のプラスチックであるポリスチレンがその材料に取って代わったことなどで、その工場では70年代で終わりを告げたガゼイン樹脂の製造。製造方法も今のボタンの製造方法とは全く違うものだったそうです。

また調べていくうちに、製造方法は今のプラスチックのボタンよりもなかなか手間のかかるものだったことがわかってきました。

ガラライトをめぐる迷走はしばらく続きそうです。

取材に応じてくれたSTYLの会社に心からお礼申し上げます。

STYLホームページ:http://www.buttons.cz

 

チェコの平凡なクリスマス・・・
2016年12月29日 木曜日

 

今年のクリスマスもおかげさまで無事に楽しく過ごすことができました。
今年は私のコレクションの古いガラスのクリスマス・オーナメントで
ツリーを楽しく飾り付けしました。
日本の皆様もどうかよい年末年始をお過ごし下さいませ!!img_1954

今チェコのイラストレーター、アルジュベタ・スカーロヴァーさんの展示がナショナルギャラリーの本屋さんの2階で行われています。

彼女の『植物記』(仮訳)はチェコで一番美しい本絵本部門の賞を受賞していてhttp://www.babovka.com/item.php?id=3618 若手の中では今最も嘱望されているイラストレーター。

彼女のイラストは、夢の中で出会いそうなちょっとシュールな独特の世界観があり、一見なぜ?というモチーフの組み合わせが、必然であるかのような不思議な世界を構成しています。

今回はシルクスクリーンのイラストの販売展示なので、貴重なイラストを購入することもできるいいチャンスです。

 

s-9794

こちらがスカーロヴァーさん。展示に合わせて私がポートレイトを撮らせていただきました。

ご本人、イラストに劣らずとても可愛らしく、また話せば話すほど、チャーミングなエピソードやこだわりを教えてくれました。イラストのもとになるイメージは、どこからともなく映像や理論として湧いてきて、意味はないけれど、彼女にとっては確固たるリアリティーを持つ「こうではなくてはならない」世界なんだそうです。

s-6516

下のレモンのイラストは自分でも特に気に入っている一枚だとか。レモンがとにかく背中から生えてくるのが、とにかく当たり前の世界・・・。

s-6584

s-6582

展示では貴重なメモやネタ帳的な製作途中のノートも見ることができます。

s-9799

展示の詳細はこちら。大晦日までのオープンになります。

場所:NG knihkupectví – Koenig BOOKS

Dukelských hrdinů 47, 17000 Praha
10:00–16:00
クリスマスのプラハ散歩
2016年12月10日 土曜日

冬のプラハの冷え込みは厳しいですが、寒い時期の夕焼けの美しさは格別。

今日はその夕焼け時、うちの伴侶と日本の友人にクリスマスプレゼントを買いに出かけました。

b-8947

ちょうど目当ての店の近くにある私の行きつけのプラハのパブ(彼はなんと初めて!)で一杯。🍻

b-9001b-9005

夕焼けの空には美しい半月。ドーム型の建物はマラー・ストラナ(小地区)のシンボル、

聖ミクラーシュ教会。

b-8964

マラーストラナの広間にも小さなマーケットと、ツリーが立っています。

b-9010

下の写真は、平和広場(ナームニェスティー・ミール)。

こちらには毎年大きなクリスマス・マーケットが立ちますが、より地元感があって数あるマーケットのなかでも私は一番好きなマーケットです。

b-9016

家に着くまでおなかがすいて、つい焼きチーズ(羊のチーズ)を購入。

b-9019

b-9021

焼きチーズには、コケモモのジャムを添えていただきます。チェコのクリスマスマーケットでも定番のご馳走です。