s-1010328

今日は私がプラハで一番好きなカフェ、グランド・カフェ・オリエントのご紹介。

まずは短い歴史から・・・。

このカフェは黒いマドンナの家という名前を持つキュビズム建築の珠玉。キュビズム建築で有名なヨゼフ・ゴチャールによって設計、1912年に建てられたものです。当時の文化からは斬新すぎて、市民にあまり理解されない側面も多く、1920年代まで続いたこのカフェも、「現代的ではない」という理由で閉店に追いやられます。長い年月を経て、内装・インテリア、家具も当時と全く同じ色・形で、2003年にリニューアル・オープンされ今に至っています。

s-1016

キュビズム様式を持つ世界唯一のカフェとして、ツーリストの観光スポットにもなっていますが、地元民も多く通う「プラハらしい」カフェ。テーブルや椅子などの家具もみんなかくかくとしたキュビズム。フックもキュビズム・・・。建物の地階には19年代初頭にデザインされたキュビズムのカップや家具を購入出来るミュージアムショップもあります。

 

newyork-1020

ランプもキュビズム。

 

newyork-1006

私が気に入ってるのは、なにもそのキュビズムスタイルだけではありません。何と言っても地元民がほっとする雰囲気の良さ。2階で風通しの良い店内は広々としていて、チェコ人のウェイターさんは、とにかくみんな親切。私は仕事や撮影で度々使用していますが、いつも快く友だちのように迎えてくれます。

そう、私のおすすめの時間は日曜日の10時。朝開店一番にクロワッサンと紅茶のモーニングを注文する事。まだ観光客はほとんどいない時間。カフェを独り占め出来る事も珍しくありません。

newyork-1022

こちらはチェコの伝統的なお菓子ヴェネチェク。ヴェネチェクは環とかリースとかいう意味がありますが、グランド・カフェ・オリエントのものはかくかくのキュビズム・ヴェネチェクです。

 

4c_a4_201706-02

こちらは日本の音楽デュオ、黒色すみれのお二人のアーティスト写真。今回、グランド・カフェ・オリエントで撮影しました。テーマは大正ロマンと言うことで、1900年代初頭の姿をそのまま残すカフェにて、ちょっとノスタルジックでスタイリッシュな宣伝写真が撮影出来たと思います。

 

時代を超えて愛されるもの、いやむしろ、センスを先取りしすぎて、時を経てから正しい評価を受けるマスターピース・・・。グランド・カフェ・オリエントにはそんなキラキラした空気がいつも流れています。プラハの数多い宝物のなかのひとつです。

https://www.grandcafeorient.cz/ こちらがHP

ヴィンテージ古着
2017年7月12日 水曜日

プラハにはここ数年で、ずいぶんおしゃれな古着屋さんがオープンしました。

そのなかで私の一押し古着屋さん、スタジオ・ヴィンテージ。

私の自宅から近い事もあって、いつも良く通っています。

s-1050

オーストリア・ハンガリー帝国時代からの素敵な古着が揃っています。また時代が新しくなるとチェコスロヴァキア時代国営企業のお洋服も買えます。社会主義時代は既製品のヴァリエーションが少なかった分オートクチュールや自家製の一点物なんかも結構沢山あります。

s-1059

1920年代以前の貴重なお洋服は、撮影用または、衣装用のレンタルで沢山揃っています。気に入ってしかもばっちり似合っていたら、売ってくれるときもよくあります。:)

s-1115

店長のイヴァナさんはスレンダーでスタイルのいいおしゃれ番長。わたしにとっても、ファッション以外の相談に乗ってもらったりする姉御的な存在です。スタイリングなども豊富な知識でお客さんにあったお洋服を見つけてくれます。

http://www.studio-vintage.cz/en/ ←こちらがお店のHP

アドレス:Kubelíkova 45, Praha 3

お店は店長イヴァナさんが1人で運営しているため、不定期で矢は目にクローズされる事などたまにありますので、facebookなどで当日の状況確認の上ご来店下さい。

Screen shot 2017-07-12 at 2.43.31 PM

最後に・・・。店頭にて、バーボフカチーム。

プラハから愛を込めて
2017年7月9日 日曜日

本日おすすめしたいのは、友人が去年フラチャニにオープンした雑貨屋さん。

プラハから愛を込めてという名前のお店で、ズバリ私たちの愛するプラハがそのまま商品のモチーフになっています。オーナーは、チェコで活躍するグラフィックデザイナー&フォトグラファーで、彼女自ら手がけたセンスのいいオリジナル商品が並んでいます。

ずばりここでしか買えないプラハのお土産です。

b-1460

彼女には子供がいることもあり、子供用の商品も充実しています。

cernataska

商品の一例。本革のバック。表面にはエンボス加工でFrom Prague With Love のロゴが入っています。大人っぽいおしゃれなアイテム。PCや書類が結構沢山入ります。日本で持ってもおしゃれです。

 

poslstarjezule

プラハのキリスト(少年のキリストです。)と呼ばれるキリストのシンボルはプラハで昔から市民に愛されているアイテム。そちらをモチーフにしたクッション。こちらもモノトーンで現代的な、そして、オンリーワンな商品です。

zasteryorloj

私が個人的に一番気に入っているのは、こちらのエプロン。プラハ旧市街広場のオロロイ(天文時計)がモチーフになったエプロン。オロロイのさり気ないレイアウトが、センス良しです。

 

他にも、麻布を使ったプラハの街のイラスト入りショッピングバックや、Tシャツ、スカーフ、食器など、狭いながら楽しい品揃えの店内。そしてお店の甘ーいタイトルの前でカップルが写真撮影をするのが、今はやり出しているのだとか!

場所もロレタ教会沿いのロレタンスカー通り、まっすぐ歩くとほどなくプラハ城正門と言う、素敵なストリート沿いにあります。

観光のついでに、ぜひ一度お立ち寄り下さい!

http://www.frompraguewithlove.eu/ ←こちらはお店のHPです。

住所:Loretánská 13, 11800 Prague, Czech republic

 

数回前のブログでもご紹介した友人のアルジュビェタ・スカーロヴァーさん。最近作品制作にとても忙しそう。今回行なわれている展示会の絵画とその絵画と同時進行で生まれたネックレスの作品の撮影をまたご依頼いただきました。

絵画とネックレス、相互作用で彼女の頭の中からモクモクと生まれでたものだそうで、両方を一枚の写真でという依頼内容。またそれを生み出したアルジュビェタはさらに一番大事な存在という事で、全てを一緒に写真に入れる事にしました。

s-0831

上は紐の部分で足が表現されているフラミンゴの陶器のネックレス。すべて陶器の制作から手作りの力作です。

 

s-0903

こちらは首から赤い蛇がにょろっと出ている女性の首。ちょっとホラーででも、涼しげな表情の美しい首。

 

s-0933

こちらは猫族がスーツや衣装を身にまとう、フォークロアな雰囲気のネックレス。アルジュビェタのキリッとした横顔も素敵です。

 

 

s-0972

こちらは彼女の一番のお気に入り。スレンダーで澄ました表情の二面顏のネックレスです。彼女の絵画と、じゃっかんセクシーなももチラでこの写真は私のお気に入りでもあります。

 

s-0867

こんな楽しいヴァージョンもあります。絵画ももっと近くでご覧になりたくなりませんか? 🙂

 

s-1012

撮影の最後の記念に、二人でポートレイト撮影。笑。 手には撮影に使おうと思って結局しようしなかった小道具が・・・。

絵画・ネックレスの展示はプラハのカフカ・アートブック専門店で7月21日まで開催中です。

https://www.facebook.com/kavkaartbooks/ こちらはカフカのフェースブック。

http://www.kavkaartbooks.com/en/ こちらはカフカのHP。

7月21日までにプラハにいらっしゃる方は、貴重なアートブックも見れますので、是非足を運んでみて下さいませ!

 

ミーシェンスカー通り
2017年7月3日 月曜日

s-1442

ミーシェンスカー通りはプラハっ子にもちょっと隠れ家的な裏路地として愛される、プラハでも特に美しいストリートです。カレル橋から通りを2本北側に挟んだ建物の裏手にある小径。

地元民の通う、ホスポダ(居酒屋)やカフェの合間に、最近旅行者向けの雑貨屋さんやデザインショップなども続々オープン。短い通りですが内容濃いめのストリートに生まれ変わろうとしています。

s-1446

通りは右を見ても、左を見ても、古い家並み、センスのいい小窓、看板などフォトジェニックな要素でいっぱい。旅の記念写真を撮るのもおすすめの撮影スポットでもあります。

s-1445

こちらは地元民が通う隠れ家カフェ、その名もミーシェンスカー。奥まった中庭にカフェスペースがあり、コージーな雰囲気の美しいカフェです。日替わりスープでちょっと一休みはいかがでしょうか。

s-1443

完璧なこのインテリア・・・。バーボフカの表紙写真の一枚にも使用させて頂きました。

s-1451

また、こちらは新しくオープンしたチェコデザイナーたちのショップ。洋服やコスメなど全て、メード・イン・チェコのものです。この「メード・イン・チェコ」のコンセプト、チェコではかなり大きな流れになって来ています。国内の産物や製品をどんどん外に紹介していく、そしてチェコ人たち自身も使うっていうそんな「チェコ愛」が頼もしく嬉しく感じられます。

ミーシェンスカーは短い通りですが、どうかゆっくり左右に注意しながら歩いてみて下さい。アートショップやデザインショップ、カフェなど、内容な盛りだくさんの私の一押し観光スポットです。