3月ハード・ロックダウン
2021年3月11日 木曜日

untitled-1442

お天気の良い週末、お散歩に出かけました。うちからすぐ近くにあるヴィートコフという国立記念碑のある丘へ登りました。本当は息子を連れて遊具のある公園に行きたいところですが、チェコはまたハード・ロックダウンの最中。遊具のある公園は今でも人出がとても多くて、イギリス変異株が拡がっている現在の状況を考えると安全とはいません。

チェコの状況、なかなか日本では報道される機会が少ないようですので、ここで少し皆様にお話しいたします。
チェコは今第3波の厳しい洗礼を受けています。3月1日からとりあえず3週間のハード・ロックダウンがはじまりました。
それまで毎日の感染者数が一万人、一万五千人とほぼ一ヶ月に渡り記録的な数がでて、人口当たりでは世界最悪の状況になってしまいました。

第一波を早急に押さえ込み、拡大阻止に成功したという自信が逆に禍したということ、またクリスマス前の非常事態宣言一時解除で人の行き来が一気に増えたことなどが原因となってそのころから、じわじわと感染者数が増加したこと、また制限の続く生活に疲れてコロナウィルスに対する警戒の気持ちが薄れてきていること、政治不信によりマスク着用や衛生に気を使う配慮も薄れてきていることなどいろいろな原因が聞こえてきます。

1000万人の人口で毎日7000-8000人の人が病院へ担ぎ込まれる状況で、地方都市では医療崩壊も始まっています。

最初のコロナ騒動から早1年以上、みんなの心に疲れが出てきているのは、否定できない事実です。ですが、周りの人にもたくさんの感染者、知り合いや知り合いの周りには死者が出ているというこの状況で、もう一度団結して感染を食い止めなければ今度こそ大変な事態になるのは明らかです。

幼稚園も今はもちろん閉園ですので、私たちはほぼ毎日密を避けることのできる場所へ散歩をしています。

untitled-1465

丘の上からはジジコフのテレビ塔やオレンジの屋根並みが見えます。ぽかんとしたいい陽気ですが、屋根だけ見てもなんだか街がひっそりしている空気を感じるのは私だけでしょうか。

0IMG_1364

息子はお気に入りの幼児用バイクでお出かけ。外出には2歳以上の子供達にもマスク着用の義務があり少しかわいそうです・・・。

untitled-1476

丘の上のヴィートコフ国立記念碑に着きました。こちらは1928年から1938年チェコスロバキア軍団を記念して建立された記念碑で、共産主義時代には大統領廟としてクレメント・ゴットワルド大統領の遺体も安置されていたそうです。(現在遺体は火葬されていて残っていません。)正面に立つ堂々とした像はヤン・ジシュカ。1420年ヴィートコフの丘の戦いで十字軍を打ち負かしたチェコの英雄です。ちなみにこの青銅製の像は世界で3番目に大きいそうです。

untitled-1498

下から見るとまた、お馬さんの鼻息が聞こえてきそうなすごい迫力です。1950年からこの場所にある像で、彫刻家のボフミル・カフカの作。

IMG_1471

記念碑の丘からは西側にティーン教会やプラハ城も見えます。untitled-1568

登って降りるだけの散歩です。通常だと記念碑の中の喫茶店でコーヒー、息子にはジュースといきたいところですが・・・今は(もうずーっと)お店はほとんどすべてしまっていますので、外でもほっと一息がなかなかできない状態です。

untitled-1576

期待していた毎年見られる水仙の花はまだ蕾も見えず、花たちが咲き誇るのはもうちょっと先かしらと思っていたら、路傍に咲いていました、セドゥミクラースキ(チェコ語)ひなぎくの花。コロナも自然は我関せずなのがほっとします。自然が毎年決まって見せてくれる面々が、先行きの不安な今の時代には一番確かなお約束のようなそんな気がします。これからの花々が見られる季節が楽しみです。

 

 

小鹿のラグー
2021年2月17日 水曜日

最近ジビエの食肉を使った料理が我が家の(もっぱら主人の)マイブーム。先週末は小ジカのお肉が販売されていましたので買ってみました。
チェコ語でたくさんのジビエ料理メニューが紹介されている中、ブルゴーニュ地方に伝わる鹿肉のラグーを作ってみることにしました。

入れる野菜は大雑把に根菜と書いてありましたので、チェコではスープ料理に欠かせない根セロリ、パセリの根、玉ねぎ、人参を入れます。

 

80D6A6176角切りにした鹿の肉と野菜をワインで一晩マリネするということで使用した赤ワインは、これまた我が家のお気に入り、チェコでワイン栽培の北限と言われる北チェコ地方のフラーメツという村のワインを使いました。ユダヤ人の家族が極小規模で展開するワインで、ユダヤ人に昔から伝わるコシェルの製法で作られたワイン。またこのワインが造られる地方は休火山地帯でミネラルが豊富な土壌。そのためミネラルを多く含んだチェコの土壌の香りが漂うような素朴で美味しいワインです。ちなみに、どんなに飲んでも二日酔い知らず!というのはうちでは実証済みです!ww

お肉と野菜が浸るぐらいのワインとブーケガルニを一緒に入れて、いったんおやすみなさい。

80D6A6198

 

80D6A6271

次の日、マリネから引き上げて水分を拭いたお肉を小麦粉を絡めてバターで炒めます。いいお色に焼き色がついたら、マッシュルームをいれ、にんにくとバター、塩少々も加えます。

そのあと、お野菜とワインの液を加え沸騰させてから、ホイルをかぶせて、オーブンへ。ここでなんとさらに8時間じーっくり150度で煮込みます。

(うちはレシピの中でこの「8時間」というところを見逃してしまい、夕飯に食べる予定でいたところを、結局次の日のお昼ご飯になってしまいました。)
80D6A6277

中はどうなってるんだろうか、気になりますが、仕上がりは8時間後・・・。

80D6A6874

で、8時間経って出来上がり!!
子鹿のワイン煮込み(ラグー)。ワインをケチったせいかちょっと水気が足りない感じがしましたが、8時間煮込んだだけありお肉も柔らか、根菜の味もしっかり染み込んでなかなかの美味しさでした。あえて言えばバターが多く入るのでお肉のコクとバターのコクで、こってりが強すぎかしらという印象です。つぎはもっとさっぱり簡単なレシピを試してみようということになりました。
子鹿さん、命をありがとうございます。

大雪のプラハ・レポート
2021年2月9日 火曜日

900D6A6350bc

一昨日からプラハは大雪が降っています。私もチェコ滞在も15年になりますが、最近はまとまって積もることが少なく、これほどの雪は2005年以来の積雪のような気がします。
いつも食べているおいしいパンがきれてしまい、主人に買いに行ってもらうついでに、せっかくですので、緊急事態宣言下、冬のプラハの街中のレポートをしてもらいました。

元気ならうちの息子とせめて庭で雪だるま作りでもと言いたいところですが、残念ながら水疱瘡にかかっていて私と息子は家で留守番です。
900D6A6588

チェコでは雪が降ると、田舎でも街でもここぞとばかり、スキーを履いた人を見かけます。プラハっ子にとってはこれほどの積雪はまたとない機会ですので、なおさらでしょうか。

blog0D6A6358

大雪のため、トラムも長い間立ち往生です。blog0D6A6362

トラム22番の向こうに見える建物は国立劇場です。もう長い間観客を入れての公演は行われていません。人通りも案の定少なく、よくみるとトラムの中もガラガラです。非常事態宣言下のうら寂しくも、美しいプラハの街並み。

blog00D6A6520

こちらはカレル橋のひとつ南に架かっているレギイ橋。こちらでもそり遊びをしている親子がいます。

blog00D6A6633カレル橋もやはり閑散としています。雪の上にはスキーで通った跡もあったとか・・・。バロックやゴシックの屋根に雪がかかり一層幻想的な風情があります。

blog00D6A6779

カレル橋の西端から伸びるモステツカー通りも、かつて主人の通勤路。私もなんども通ったこの道。こんなに人がいないのは初めて目にいたしました。ちなみに正面に見える時計の塔は奥のドーム型の塔と合わせて、バロックの珠玉と称される聖ミクラーシュ教会です。

Photo by Petr Horcicka

鹿さんありがとう。
2021年2月1日 月曜日

untitled-6092

今日は鹿のお肉でグラーシュを作りました。
グラーシュはハンガリーがお家元のチェコを含む中東欧に伝わる伝統料理。パプリカ、クミン、マジョラムなどの香辛料といっぱいの玉ねぎを使う煮込み料理です。

最近チェコの森では鹿やイノシシなど野生動物たちが増え、森の維持のためハンターたちが増えすぎた動物たちを間引きをしているというニュースがありました。
またその動物たちのお肉を検査後、食肉として販売しているということもあり、興味を持った主人がジビエの食肉をインターネットで調べていると、お肉屋さんで販売している普通の牛肉よりも安いものが結構あります。

ということで、私も主人も山鹿のお肉を食べた経験はありませんが、買ってみることにしました。

買ってみると、森を走り回っていた鹿さんだけに、硬い筋が肉の合間をしっかりホールドしているという感じ。レシピには筋を取り除きますと書いてあるものの、どこまで取ればいいのやら・・・。筋が多いから安いのかしら?硬い筋は長く煮込んでも硬くて食べられないということもあるのかしら??経験がないだけにだんだん不安になってきます。

筋をせっせと取り除く横から主人が、鹿の肉がどんな味なのか、炙っただけの味を試食してみたいと言います。

筋のない肉部分は殊の外やわらかいので、筋の付いてない小さな肉片を少しステーキ風に焼いてみることしました。
塩・コショウ、ニンニクと醤油で炙って食べてみると、香ばしくて鉄分の多い味。でも臭みはほとんどなく、とても美味しかったこと。

ということで少し脱線したものの、初めての食材、色々と勉強になりました。

圧力鍋で4時間ぐらい煮込んで、鹿さんのむきむきの筋肉も美味しく食べられるほどの柔らかさに。付け合せはもちろんクネドリーク(ソース料理につく蒸しパン的なもの)。さらに「やっぱりグラーシュにはピルゼン(ピルスナービールの略称)だよね!」といことで主人は慌ててビールを回に走り、チェコの正しい週末料理の完成です。

森の中のものをもりもり食べて大きくなった鹿さんのお肉には森のミネラルも栄養分もたくさん。牛肉のグラーシュよりもさっぱりした食後感でした。

山鹿さん、命をどうもありがとうございます。ごちそうさまでした。

古く・新しい宝物たち
2021年1月30日 土曜日

毎日コツコツ少しずつ更新を続けているバーボフカですが、この度また新しいメンバーのヴィンテージ・ビジューが揃いました。

撮影用に一堂にまとめてクリスタルのケーキ皿に載せてみたり、脱線気味でこの宝物たちとしばし戯れております。:)
いつもは一点一点販売しておりますが、こうやってまとめて眺めてみるとまた相乗効果で美しさ楽しさ倍増するような気がします。
で、個別に撮影する前にせっかくですからまとめての写真も予告編としてご紹介させていただくことにしました。
1930年代から2000年代までの時代もスタイルも違うチェコ・ヴィンテージのビジューです。それぞれ個性的なビジューばかりです。

このあと撮影をして、写真を調整して、コードを付け、商品にアップされることになります。2月から少しずつ更新していきますので、乞うご期待下さいませ。

(いつまでたってもお目当てのビジューがアップされないぞ!という場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。)

 

untitled-6017