ヤロスラフ・ヴォドラーシュカの蔵書票 サイン入り
価格:
4,800円(税込み)
品番:
T-225
重量:
0g
サイズ:
紙の大きさ 13.2x19cm
エクスリブリス(EXLIBRIS)とこちらで呼ばれる蔵書票です。本の所有者を示す為にヨーロッパでは伝統的に使われてきました。ヨーロッパには芸術家に依頼して絵入りで自分だけの蔵書票を作る文化があり、チェコでも沢山の興味深い蔵書票が残っています。こちらはチェコのグラフィックデザイナー、ヤロスラフ・ヴォドラーシュカが、アントニーン・ウェルネルという人物のために手がけた蔵書票です。ヤロスラフ・ヴォドラーシュカはプラハの平和広場にある聖ルドミラ教会のステンドグラスにも彼の作品が残っています。ドライポイントで制作された蔵書票はチェコの国パトロン、偉大な王、聖ヴァーツラフがワインを収穫しているシーンがモチーフになっています。御光を冠しながら、ワインの収穫に精を出す勤王の美しい姿が丁寧に描かれています。1942年の作品です。鉛筆で本人自筆のサイン入りです。紙の左下に折れがあります。名前の上にカーソルを合わせると、ウィキペディアのリンクの飛べます。
その他の詳細画像
紙の上部に一部薄いシミがあります。