I Ordered Accutane Online Can You Buy Colchicine Over Counter Money Order Viagra Buy Clindamycin Gel Online Betablockers Propranolol Buy Uk
プラハの古くて新しい散歩道
2020年5月21日 木曜日

5月18日月曜日ついにチェコの非常事態宣言が解かれました。
いよいよ通常生活に戻れると言いたいところですが、世の中は実際は以前とはかなり違った社会になりつつあります。

ここ20年ほどツーリストの街と言っていいほど大きく観光産業に頼ってきたプラハの側面が、観光客ゼロになった昨今それがどれだけの規模だったかを思い知らされます。

今日は電車好きの息子と友人と一緒に、チェコ国鉄などの汽車が通るヴルタヴァ川の鉄橋を徒歩で渡り、帰りは渡し船(市営でトラムやメトロのチケットで利用できます。)で帰ってくるという粋なお散歩を計画しました。息子のためと言いつつ、チェコ15年の滞在になる私にとっても鉄橋を歩くのも、渡し船を利用するのも初めて。思わむ楽しい遠足となりました。untitled-0307

スミーホフ駅から行き来するたくさんの電車の真横を歩くことができます。実際に歩くと電車がとても近く迫力があります。プラハの人たちの通勤路としても使われています。
untitled-0314

鉄道の格好いいフレームとプラハ城。モノクロ写真にしたら絵になりそうです。

untitled-0319

川の下ではカヌーのチェコナショナルチームが練習していました。観光用の船舶が皆無なためいつもより広々と川を使えるんだとか。

untitled-0322

息子は電車を楽しみつつも、足が少しすくみ、若干険しい表情。

untitled-0323

鉄橋が終わるとプラハとは思えないような田舎道風情の鬱蒼とした小道がありました。

untitled-0327

わーい、河岸についたぞぉ。 🙂

untitled-0336

人はほとんどいませんので、白鳥たちも普段よりのんびりした風に見えてしまいます。

untitled-0341

向かいの河岸について50メートルほど歩くと程なく、渡し船の停留所が見えてきました。本当に誰もいません。

 

untitled-0343

こちらが、渡し船の発着所。30分に一度の運行で、本当に来るのか、ちょっと心配。
(コロナの影響でまだ運行を見合わせている渡し船もあります。)untitled-0348

と思っていたら、時間通りやってきました!
チェコの大きな国旗がはためく姿が眩しい素敵なお船がやってきました。
untitled-0351

乗車客はやっぱり私たちだけ。ちなみに片道24コルナかかります。

untitled-0359

出発した岸に戻ってくると、やっと船に乗船する人たちが。ですが、乗ったのも私たちと同じような小さな子連れ。多分子供のための散歩、私たちと理由は同じといった感じです。

観光客にはあまり知られていないこのコース。プラハの人たちの足として普通に利用されている渡し船ですが、今日初めて体験することができ、私と息子にとっては思いっきりプラハ観光な1日になりました。コロナは一応ひと段落といったところですが、これからのプラハの街の運命が気になります。これからもたまにプラハの街の様子を散歩を兼ねてリポートできたらと思います。