チェコのお母さんのスープ
2018年1月18日 木曜日

今日はチェコのお母さんに習ったチェコの野菜スープの作り方を紹介します。野菜の栄養分がたっぷりの体の温まるこのスープは冬の定番メニューです。下のお野菜はスープの基本材料。

人参、たまねぎ、根セロリ、根パセリ、じゃがいも、ねぎ。
(根セロリは大きもだと1/4、小さいもだと1/2で十分。)
根セロリは日本ではなじみの薄いお野菜でしょうか。私のチェコに来て初めて使ってみました。
他、コールラビ、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツなど家にある他野菜も好みで入れます。

vegi soup-7690

まずはたまねぎ粗い千切りをきつね色になるまでしっかり炒めます。下の写真よりも実際にはもっと色が濃くなるまで炒めて下さい。

vegi soup-7692

あと、すりろした人参と根パセリを加えよく炒める。油はかなり使います。
炒める過程でバターを足してもいいです。

vegi soup-7695vegi soup-7698

背骨部分(一匹買った時に取っていたも。)をダシに使います。
ない場合は固形スープ素で代用。

vegi soup-7701

 

根セロリ葉っぱは少々ダシに使います。根部分は短冊形に切ってく。
野菜はこんな感じ。

vegi soup-7700 vegi soup-7699

 

水、先ほど炒めたたまねぎと人参&根パセリ、鳥背骨部分とセロリ葉を入れ、沸騰させて15分くらいコトコト煮ます。以下ような色になります。vegi soup-7704

沸騰してしばらくしたら、月桂樹葉、キャラウェイ、マジョラム、オールスパイスを。
また用意していた野菜を入れます。塩は味を見ながらですが結構多め、胡椒も少々。

vegi soup-7703

仕上げ前にニンニクひとかけ(みじん切り)ネギ千切りを加え、塩、レモン少々で味を整えて出来上がり。
(ダシに使った鶏肉を取り出し、白身肉を取り、スープに戻してもほかは捨てます。)
パセリが手元にありませんでしたが、パセリみじん切りを散らしてください。
日本の皆さんにもぜひ試してみてほしい、チェコのお母さんの味です。

vegi soup-7706

ガラスボタンに付け替え
2017年10月10日 火曜日

プラハはすっかり冷え込みの厳しい季節が到来。
本格的な冬ではありませんが、秋のおしゃれを楽しみながら防寒にも気を使います。
そんな時うちの旦那さんはベストを愛用しています。
チェコのガラスボタンを日本に紹介しているバーボフカチームですので
私たちもお気に入りのヴィンテージ服にガラスボタンを付け替える事が良くあります。
プラハには近隣ドイツやオーストリアなどからの質のいいヴィンテージ服があります。
今日ボタンを変えたのは、今はなき国東ドイツ製の古いベスト。

untitled-5494

今回使ったのは、金属で裏打ちされた、職人さんの手打ちのガラスボタン。
中から見えるグリーンやピンクの淡い輝きで繊細な表面の装飾がとてもきれいなボタンです。

untitled-5492

 

もともとついていたのは、こちらのカゼイン樹脂のミルクボタン。
大体1950-60年代のベストということで年代的にも当てはまります。
でも、黒一色のシンプルなボタン・・・。
この素敵なヴィンテージ・ベストには正直ちょっとつまらない印象かもしれません。

今回手打ちガラスボタンを付け替えて、ベストはひときわおしゃれになりました。
またガラスボタン、実際に使ってみると色々と欲しいボタンのイメージが湧いてきます。
これからも少しずつチェコのガラスボタン揃えていこうと思います。
皆様にもガラスボタンの楽しさをお伝えしたいです。

untitled-5496

地下の古本屋さん
2017年7月30日 日曜日

今日は私いちばんのお気に入りの古本屋さん。その名も第一地下古本屋。昔からプラハにあってプラハの本好きにはマストの古本屋さん。

s-1010249

s-1010248

文字通り地下にある古本屋さんで、螺旋の階段から、もう本好きを刺激する世界が始まります。こちらの本屋は何と言ってもグラフィック作品がみどころです。

s-1010246

チェコご代表するイラストレーターや画家のオリジナルペイントや版画などの作品がところ狭しと、並んでいます。値段もチェコの地元民価格、ズバリお手頃です。ギャラリーの様な感覚でぶらぶらと眺めるだけでも楽しめます。絵はがきなど小さな商品もあります。

b-1010243

ここで突然、クイズです。

カフェ、レストランなどなど・・・私のプラハお気に入りスポットに共通する点はなんでしょう?

ズバリ、店員さんたちがみんな親切でとても感じがいい事。こちらの古本屋さんも例に漏れず、店員の皆さんが「超」がつくほどいい人。お店全体の本好き幸せムードにあふれています。お探しの本や、グラフィク作品などあったら、ぜひ色々と聞いてみて下さい。

「キノコ図鑑は?」「絵本を手がけるイラストレーターの作品はある?」「チェコっぽい写真集ある?」何でも構いません。喜んで相談にのってくれます。

こちらがお店のリンク→ http://www.podzemni-antikvariat.cz/ 

Hybernská 22
110 00 Praha 1

月-金 9:00-19:00

黒色すみれ CDと本の発売
2017年7月29日 土曜日

今日は個人的な宣伝です。私が日本のガールズ音楽デュオ「黒色すみれ」をプラハで撮影したアーティスト写真がジャケットになったCDがこの度発売されました。

sumire_logo0406

オーストリア・ハンガリー帝国の鷲とチェコのライオンがあしらわれたなぜかピンクの扉。
この場所はプラハのなかでも私のお気に入りの場所です。

着物も私のコレクションのなかからいちばん豪華な振り袖をセレクト、チェコの歴史の重さに負けない存在感のあるジャケット写真になったと思います。

また、プラハでお二人をパートナーのペトルと撮影したプォトブックも販売される予定です。

Screen shot 2017-07-28 at 6.04.29 PM

タイトルはPražské Preludium〜プラハ前奏曲〜。私は残念ながら用事で行けないのですが、10月20日には本の出版記念パーティーに、ペトルもチェコから駆けつけて賑やかな会が催されます。

本の先行予約はこちらのウェブから→http://sumireshop.thebase.in/items/7699345

また、本の発売記念パーティーの詳細は以下のご参照下さい。

(こちらのパーティーではバーボフカの物販もあります!)

◉発売記念イベント決定!!◉
フォトグラファー・Petr Horčička来日!!
「Máme rádi Českou republiku! (チェコ大好き!)」
~横山佳美&Petr Horčička×黒色すみれフォトブック「Pražské preludium~プラハ前奏曲~」発売記念イベント~

【公演概要】
2017年10月20日(金)
東京カルチャーカルチャー
開場18:30
開演19:30
チケット 前売り3500円(要1オーダー)*当日は500円UP

*7/31(月)10:00~よりイープラスにて販売開始!!
詳細はこちら↓

http://tcc.nifty.com/event/general/21950
【イベント内容】
・黒色すみれライブ
・Petrさんとチェコ好き名人たちのトークショー(黒色すみれが司会進行、チェコのお薦めスポットの紹介や黒色すみれフォトシューティングについての楽しいトーク)
・黒色すみれ&チェコから来日予定のフォトグラファー・Petr Horčičkaによるサイン会(フォトブックお買い上げの方対象)
・チェコが大好きなアートチーム「ČernáViolka(チェルナヴィオルカ)」、本場チェコ雑貨を販売する「bávovka(バーボフカ)」による物販

 

s-1010328

今日は私がプラハで一番好きなカフェ、グランド・カフェ・オリエントのご紹介。

まずは短い歴史から・・・。

このカフェは黒いマドンナの家という名前を持つキュビズム建築の珠玉。キュビズム建築で有名なヨゼフ・ゴチャールによって設計、1912年に建てられたものです。当時の文化からは斬新すぎて、市民にあまり理解されない側面も多く、1920年代まで続いたこのカフェも、「現代的ではない」という理由で閉店に追いやられます。長い年月を経て、内装・インテリア、家具も当時と全く同じ色・形で、2003年にリニューアル・オープンされ今に至っています。

s-1016

キュビズム様式を持つ世界唯一のカフェとして、ツーリストの観光スポットにもなっていますが、地元民も多く通う「プラハらしい」カフェ。テーブルや椅子などの家具もみんなかくかくとしたキュビズム。フックもキュビズム・・・。建物の地階には19年代初頭にデザインされたキュビズムのカップや家具を購入出来るミュージアムショップもあります。

 

newyork-1020

ランプもキュビズム。

 

newyork-1006

私が気に入ってるのは、なにもそのキュビズムスタイルだけではありません。何と言っても地元民がほっとする雰囲気の良さ。2階で風通しの良い店内は広々としていて、チェコ人のウェイターさんは、とにかくみんな親切。私は仕事や撮影で度々使用していますが、いつも快く友だちのように迎えてくれます。

そう、私のおすすめの時間は日曜日の10時。朝開店一番にクロワッサンと紅茶のモーニングを注文する事。まだ観光客はほとんどいない時間。カフェを独り占め出来る事も珍しくありません。

newyork-1022

こちらはチェコの伝統的なお菓子ヴェネチェク。ヴェネチェクは環とかリースとかいう意味がありますが、グランド・カフェ・オリエントのものはかくかくのキュビズム・ヴェネチェクです。

 

4c_a4_201706-02

こちらは日本の音楽デュオ、黒色すみれのお二人のアーティスト写真。今回、グランド・カフェ・オリエントで撮影しました。テーマは大正ロマンと言うことで、1900年代初頭の姿をそのまま残すカフェにて、ちょっとノスタルジックでスタイリッシュな宣伝写真が撮影出来たと思います。

 

時代を超えて愛されるもの、いやむしろ、センスを先取りしすぎて、時を経てから正しい評価を受けるマスターピース・・・。グランド・カフェ・オリエントにはそんなキラキラした空気がいつも流れています。プラハの数多い宝物のなかのひとつです。

https://www.grandcafeorient.cz/ こちらがHP