数年の年月をかけて改築されていたチェコ国立博物館ですが、工事中の帳が外れ、眩しい外観がお目見えしました。私も息子と一緒に先日新しくなった博物館を見学に言ってきました。

入ってそうそう、宮殿のような豪奢な装飾の美しさ。
チェコは東京都と人口のほぼ変わらない小国ですが、国の威信をかけた立派な建造物、堂々としたものです。

s-5784

お目当は2つ。

まず一つ目は鯨の骨。
博物館のお蔵入りになっていたものを、改築後新たに展示されているものです。
大きいものが好きな息子は言葉をなくして見入っておりました。s-5819

博物館を訪れると楽しめるもう一つのもの。ヴァーツラフ広場を一望できるこの景色。
博物館からしか見れません。

s-5825

そして、こちらが最終的なお目当。2x100の珍品コレクション。

博物館に集められた珍品を200点展示されているということで、興味津々見てまいりました。

下の帽子はラビットファーのフワフワ感が素敵な帽子。で、誰の?
チェコの歴史家フランティシェック・パラツキー(1798-1876年)の帽子です。

ちなみにパラツキーはチェコの1000コルナ紙幣に印刷されている人物。s-5828

とにかく、分野も時代も異なる物品が一堂に陳列されていて、これは何?の連続。かなり面白い展示となっています。s-5830

こちらは作曲家スメタナ直筆の楽譜。s-5834

 

こちらは17世紀のロゼンベルグ家、ペトル・ヴォクの葬礼用紋章楯。
銀糸が使われていて刺繍や布の張りが立体的で、前回のブログに加えて、またまたですが見入ってしまいます。当時の職人さんの技術の高さ本当にすごいの一言です・・・。

s-5836

 

こちらもなんだこのタコは?というわけですが、なんとガラス製!
さすがガラスの国チェコ、黄金の手を持つ民族!こちらも見入ってしまうシリーズ(勝手にシリーズ化ですが。)殿堂入りのお品です。s-5840

最後に。こちらは作曲家スメタナのタクト。こちらのチェコらしくガーネットのあしらわれた象牙の大変豪華な工芸品。

s-5841

こちらの展示は国立博物館は残念ながら最近終了してしまっていました!数点でも写真で皆様にチェコの珍品をご紹介でした。

(博物館では常時、常設/企画展とも面白い企画が開催されています。改築後の館内もおすすめです。)

 

本日は取材で久しぶりにカリグラフィー作家のミーラさんのところにお邪魔しました。
ミーラさんはプラハの中心地の一角中庭に小さなお店兼アトリエを設けていて知る人ぞ知るプラハのキーパーソン。

s-8948

というのもチェコ語の文字の歴史に精通し、また実際にゴシック、バロックなどのスタイルの文字を自在に書くことのできる書家、またイラストレーターとしてもご活躍。

s-8963

古文書や古い文献の修復や再現など、また映画の小道具に至るまで文字やオーナメントに関わる仕事に携わる職人でありアーチストです。

お店に伺うといつも引き出しやファイルから様々な作品や仕事の記録を見せてくれますが、本当にアイディアの洪水で、職人としても凄腕に感嘆する以上に、アーティストとしての引き出しの多さに脱帽します。

今取りかかているのはイニシャルシリーズ。お店に来た人がお土産として買って帰れるイニシャルの絵文字を書いていました。

こちらがそのイニシャル、出来上がってきたもの。

s-8870

絵文字のバックにバロックスタイルの植物があったり、現代的なバラの可憐な花模様。オリジナリティーの高い美しい絵文字。手作業の美しさについ見入ってしまいます。

また私が一番好きなのは、やはり古い時代の文字やオーナメントのスケッチなど。
私もミーラさんのカリグラフィー講座を受講した経験があるのですが、(その時の様子はこちらバーボフカのブログで一度ご紹介しました。)ヨーロッパカリグラフィーの美しさ、奥の深さに今一度感動を覚えます。

s-8967

 

ミーラさんのお店では、プラハをテーマにしたポストカードや、ミーラさんのシュールなイラストが楽しいグリーティングカードなどが購入できます。また実際にアトリエとして機能しているので、作業中の場合は作業も(お邪魔しない程度に!)見ることができます。プラハらしい「チェコ黄金の手」を思わせるお勧めのお店です。

s-8883

Ateliér písma Míla Prokůpková

住所:Uhelný trh 141/9, 110 00 Staré Město

月〜金10:00~18:00

 

プラハの春2 イースター
2019年4月20日 土曜日

今日は仕事の用事で久しぶりに街中に一人で出かけました。
今日からヨーロッパはイースターの連休、プラハの旧市街広場も沢山の観光客で賑わっています。
広場に出ると、なんだかいつもと趣が違います。
というのも新しく修復が終わった天文時計の色があまりにもピカピカと新しく輝き、いつもの古くすすけていた色を覚えている私にとってはちょっとしっくりこない感じの色だからです。
また長い年月をかけて古ぼけた歴史の色を重ねていくのでしょうか。

s-5094

 

s-5098

お天気の中、イースターマーケットで賑わっていました。

s-5103

カラフルで意匠を凝らした手描きのイースターエッグ。
毎年のことですが、その美しさに見入ってしまいます。

s-5106

今回はその旧市街広場を通り向け、ティーン教会の脇を通り、おめあてのカフェに向かいます。

s-5113

そしてのそのおめあてのカフェへ。
プラハに最近できたカフェでティーン教会の裏手にあり、その名もChtedral cafeと言います。
まだあまり観光客に知られていないようで旧市街広場の喧騒とはうって変わって、落ち着いた雰囲気の隠れ家的なカフェです。
緑の豊かなアトリウムの素敵な空間を抜けると、奥には個人宅のベランダのような佇まいの中庭があります。

s-5115

蔦の這う壁が涼しげで、この日も地元の人が仕事の打ち合わせなどで使っていました。

s-5122

 

s-5121

旧市街広場の観光のあと、ちょっと一息という時にオススメのカフェです。

http://cathedral-cafe-lounge-restaurant.com/
↑こちらがカフェのリンクです。

 

プラハの春2019
2019年4月10日 水曜日

先日4月6日、友人に誘われてペトシーンの丘のふもとにお花見に出かけました。

今年プラハの開花は例年より2週間以上も早くほぼ東京と同じ時期になりました。
いかにチェコが年々暖かくなってきてるかを感じます。最近気がつくとプラハの変わっていくスピードについていけず、昔を思い出しノスタルジックな記事を書いてばかりな気もしますが、この日も街中の観光客との喧騒を避けて、こののどかな風景をまた今年も楽しめたこと、なんだかほっとしました。

背景のリンゴの木や桜の木は違っても、多分何十年前もいや百年前も、きっと同じようなのどかな自然の中に全く変わらないプラハ城が見えていたはずです。

プラハはここ数年ガイドブックを出版した私でさえ、新しいお店やビルなどを全く把握できないくらいのすごいスピードで変わっていっています。国外からの資本が大量に流れ込み、街中の商業ビルや住居ビルがロシアやイタリア、中国などの投資家の手に渡っています。私たちもその波で今回2月に引っ越しを余儀なくされました。

バーボフカや私のガイドブックにてチェコとプラハの素晴らしさ、面白さ、美しさ…いろいろな側面から紹介してきましたが、ここ7、8年観光客の数は例年増え続けそれによって街も大きく変わりました。たくさんの魅力的なカフェ、また高級なブティック、またホテル、ホステル、ペンション、Air bnb、街は賑わいを加速させていますが、暮らしている地元民にとっては小さな商店や個人営業のお店が減り、また住居用のアパートが不足する社会問題も発生し、不動産や賃貸の値段が高騰するバブルを迎え、便利とは言えない事態も発生しているという側面もあります。

私も外国人の一人。永住権をもらいチェコ人と同じ保険や税金を払って生活していますが、自国民としてのチェコ人(特に低賃金の家庭)の暮らしが窮屈になってきていることがとても気になります。

まさに時代の波。これからもきっとこの速度はしばらく続くそんな感じがしますが、それが一旦収まったときにチェコは予想もつかないところに流されているような予感を抱えています。

この日のコットンブルーの空の下、少なくともこの景色は10年後も20年後も変わらないことを祈っています。

チェコと日本の二つの国籍を持つ息子は15ヶ月になりました。

89IMG_6473

2019年3月24日 日曜日

大変久しぶりの投稿になります。最近さりげなくまたページを再開しています。

お待ち頂いたお客様、またウェブを見てくださっているお客様に心よりお礼申し上げます。

今回は初心に戻ってビールの話。
私ごとですが、出産や引っ越しなど色々な出来事が重なり人生に大きな変化があった2年間でした。
未だに授乳中ですので、大のアルコール好きだった私の禁酒生活もすでに2年以上、たまにからっといっぱいという気分になるとチェコのノンアルコールビールを飲んだりします。
チェコのノンアルコールビールはそれぞれのメーカーが誇りをかけて製造しているようで、正直日本のノンアルコールビールとは比べ物にならないくらいの美味しさと思います。

先日、家族みんなでひいた風邪の病み上がりのあと、不意にステーキ(がっつり肉)が食べたくなり、息子を寝かしつけたあと旦那に了承を得て隣のちょっと高級レストランにステーキを食べに行きました。

普段は授乳や息子の離乳食のことでいつも頭がいっぱいの私、食事、特に味付けには割と気を使っていますが、この日はなぜがしっかりと塩っからいステーキの美味しかったこと!

(お肉は2500円する牛のテンダーロイン200g)

というのもズバリ、ビールのせいです。チェコの料理はしばしばビールの消費を考慮に入れて、ガブガブビールを飲みながら、ガツガツ食べてくださいっていう風に調理されている場合が多々。
かなりの勢いでお店の狙い通りガツガツと食が進みます。
(ご飯がサーブされる前にビールが美味しくて半分ほど飲んでしまった私・・・。)

こちらのノンアルコールビールはチェコの老舗ビールメーカーロブコビツのもの。

untitled-1795

余談ですが、ここ数年チェコの住みやすさ・満足度も急上昇を反映し、美味しいものが食べれるちょっと高めの飲食店が軒並みオープンしチェコの豊かさが思い知らされる機会が多いものです。
その度に昔のチェコのそれなりの貧しさ(15年前のチェコまでしか知りませんが。)や素朴さなど感慨深く懐かしく思い出します。

お肉とビールの話に戻ると・・・。

お肉があと数口までのところでビールを飲みほしてしまい、その途端大変な喉の渇きが襲ってきました。いつもならためらわず、もういっぱい、大きいやつ!といくところですが、寝ているとはいえ息子をおいて出てきたし、すでに居酒屋や夜の出歩きすら忘れてしまった勘があり、慣れないことをしているだけで、なんだか急にそわそわ気分。

でビールなしにお肉を食べ終えてささっと帰ることにした途端、ひしひしと思い出しました。
チェコ料理と豪快にあおるビールの意味。まさにこれがチェコの味、チェコの道。

ビールがないと、塩辛いステーキが急に辛く重たくなります。
そんな感じで数年ぶりに懐かしく嬉しく楽しく飲んだ居酒屋のチェコ(ノンアルコール)ビール。
また卒乳後からビールやワインを飲む日が待ち遠しく感じられた1日でした。

ちなみにこちらのレストランはSOU100というレストラン。
https://www.sou100zizkov.cz/cs/
地元の人にも評判のチェコ料理の美味しいお店です。
ウェブの巻頭ページ写真が料理のコンセプトをまさに語っています。笑